貼雑帖(はりまぜちょう)

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ 『交渉人』 第2話を観て。

<<   作成日時 : 2008/01/17 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

この数年、国内ドラマはあまり観てないので良く知らないんですが、上半身の下着姿はOKでも下半身はダメという不文律があるんでしょうか。

今夜は、文学座による舞台「長崎ぶらぶら節」(平淑恵・渡辺徹の主演)を観劇に行って、それが3時間を超える長丁場だったため、観ているだけでちょっとヘロヘロになりました。今朝の新聞に芥川賞と直木賞の結果が掲載されていましたが、そういえば、なかにし礼が直木賞を受賞したのもこの原作でした。今回の受賞作である桜庭一樹の『私の男』(文藝春秋)の内容と比べてみると、「直木賞というのは守備範囲の広い賞だなあ」と思わざるを得ませんね。ここのところ、ミステリ系の作品がよく受賞してますが、結局ポイントになるのは話題性なのかなあ、という感じ。その意味では、芥川賞も同じようなものですけど。

劇場からの帰り、そんなことを考えながら車を運転していたら眠気が襲ってきたので、帰宅したらとっとと寝ようと思ってたんですが……ついつい録画しておいた『交渉人』を観てしまいました。なんだかんだ言っても、あの予告編はインパクトありましたからねえ。あとで検索してみると、番組の放送開始前の記者会見の段階で、すでに米倉涼子本人が「第2話で服を脱ぐシーンがあったんです。まさか警察官で脱ぐとは思っていなかったので、印象に残っています。犯人に服を脱げといわれて、やすやすと脱いじゃうんです」なんて発言してたんですね。

でも気になったのは、そういう、本来なら緊迫しているはずのシーンでの、米倉の表情。気のせいでしょうが、ブッと噴きだしてしまいそうなのを必死にこらえているように見えるんです。演出者としては「犯人に心のうちを読まれまいとして、ことさら無表情を装っている」というふうに指示しているんだろうと思いますが、鈴木浩介演じる無線係の「あららぁっ!」という叫びに続いて、筧利夫演じる係長も「あららっ!」。ここで、不覚にも私のほうが噴いてしまいました。そして、「おいおい、ホントに脱いでるよ」ですって。

そりゃ、女性の交渉人が史上初めてというなら、特殊班の皆さんが面食らうのは当然なのかもしれませんが、このセリフは何とかならなかったんですかねえ。筧の「あららっ」は、日本映画史上最低の呼び声高い「デビルマン」の有名な馬鹿セリフ「あー、俺、デーモンになっちゃったよー」に匹敵するマヌケさでした。しかもそのあと、「ホントに脱いでるよ」の言葉に呼応して、特殊班の連中だけでなく、ヘルメット姿の機動隊までドヤドヤとモニターの前に集まって、押しくらまんじゅう状態になるシーンは、完全に狙ってやっているとしか思えないギャグ。

犯人が、脱いだ米倉に「マトモじゃねえのそっちじゃん」と声をかけるんですが、観ている人間には「マトモじゃねえの演出家じゃん」と言いたくなるようなシーンでした。まあ、笑えたから良いんですけど。しかし、この現場にセクハラ属性キャラを演じている笹野高史を連れてきてないのはどうしてなんですかねえ。徹底的にグータラな存在として描いてしまおうということなんでしょうか。演出面でも脚本面でも、いろいろと面白いことができたんじゃないかと思うんですけども。それとも、特殊班の部屋でのシーンだけ撮り溜めして、ギャラをケチってるのかなあ。

で、最初に書いた疑問に戻るんですが、国内ドラマには「上半身の下着姿はOKでも下半身はダメ」という不文律でもあるんでしょうか。犯人の立場で考えれば、米倉がスカートの中に予備の武器を隠してないという保証はどこにもないわけで、当然スカートだって脱げ、というのが当然たど思うんです。だいたい、予告編や番宣CMでさんざん米倉のブラジャー姿を放映していたのに、本編を観ても、それ以上のシーンはなかった、なんてインチキですね。先週の第1話でも、スカートからズボンに履き替えろというシーンがありましたけど、そこも画面には出てきませんでしたし。……これ以上書くと、今まで培ってきた(?)私のイメージが壊れてしまう可能性があるので、やめておきます(w)。

さて、例の死刑囚(城田優)は結局、「羊たちの沈黙」のレクター博士みたいな感じになっていくんでしょうか。どうも、存在意義のよくわからないキャラが多くて、製作者のやりたいことが見えません。伊武雅刀の新聞記者は、今週初めてセリフがいくらかありましたけど、「ある拘置所に仲良くしてもらっている看守がいましてね」なんて、そんな情報源をいきなりさらけ出しちゃう記者がいますかいな。シナリオの流れで書いたセリフだということはわかりますが、これじゃあリアリティのカケラもなくなってしまいますがな。ま、犯人逮捕までのプロセスもむちゃくちゃでしたから、そんな細かいことを言ってもしかたないんですけど。

※この記事はブログ村 ミステリー・推理小説にエントリーしています。この記事が何か参考になりましたら、ポチッと応援クリックをよろしくお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
交渉人 (米倉涼子さん)
◆米倉涼子さん(のつもり) 米倉涼子さんは、毎週木曜よる9時テレビ朝日系列にて放送されている連続ドラマ『交渉人〜THE NEGOTIATOR〜』に主人公・宇佐木玲子役で出演しています。 先週は第2話が放送されました。... ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2008/01/21 06:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラマ 『交渉人』 第2話を観て。 貼雑帖(はりまぜちょう)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる