アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「クラシック音楽」のブログ記事

みんなの「クラシック音楽」ブログ

タイトル 日 時
クラシックの作曲家で打線組んだ(徹底的に)
唐突ですが、最近よく見かける「○○で打線組んだ」という個人的ランキングの変形みたいなもの、ちょっと私もやってみたくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/03 17:28
「ヒッチコック劇場」のこと。
前回に引き続き、「ヒッチコック劇場」の原作や脚本などについて、もう少し書いてみたいと思います。主として、ミステリファン向けの内容です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/10/30 23:55
ドラマ 「のだめカンタービレ」 スペシャルを観て。
スペシャルということで、パリとプラハでのロケがふんだんに挿入され、豪華な感じ。ただし、シナリオは詰め込み気味で、やや不自然でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 0

2008/01/05 23:53
調子のくるった新年。
年末年始のお休み中、やりたいことがあったにも関わらず、思うにまかせず。いつもの生活リズムに戻らないと、ブログも書きにくいもんですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/03 23:51
2007年に聴いたクラシックCDを振り返って。
ドラマにアニメにゲームと、マルチな展開だった『のだめカンタービレ』のおかげで、昨年はクラシック売り場も若干の活況を呈した一年でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/02 23:59
第147回ギャラリーコンサート(下関市立美術館)
今回のギャラリーコンサートは、美術館内で現在開催中の、「絵で読む宮沢賢治展 賢治と絵本原画の世界」とのコラボレーション企画でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 23:59
『椿姫を見ませんか』 を読んで。
《絶版・品切れミステリコレクション》…その第14回として、日本ミステリ界の反逆児(?)・森雅裕の『椿姫を見ませんか』を取り上げます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/17 23:53
クラシックふぇすた・楽器フェア(アクロス福岡)
ウワサのマトリョミンが見られるとあって、ワクワクしながら行ってきました。実際に体験することもできて、存分に楽しめた1日でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/24 23:57
気分転換に珍曲を。
坊やな某首相が辞任を発表したきょう、全国ニュースにはめったに出ることのないわが町も、地元ということで街角での取材があったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/12 23:58
映画 『魔笛』 を観て。
ケネス・ブラナーのシェイクスピア映画は、正直そんなに面白いとは思いません。でも、この映画は凄い。斬新なのに、まぎれもなく『魔笛』です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/01 23:52
第146回ギャラリーコンサート(下関市立美術館)
公開収録されるテレビ番組『題名のない音楽会』のような場合を別にすると、クラシックのコンサートには普通、MCが付くことはありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 23:55
「生誕120年 富本憲吉展」(山口県立萩美術館)
うどんをズルッと、ひとくちすすって、タバコをひとくち吸って、またうどんをすすって、またタバコを吸う。そんな人を、初めて見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 23:59
ミケランジェリ、奇蹟のリサイタル。
「のだめカンタービレ」のヒットは、クラシックCD売り場のムードを変えましたが、これが一時的なブームに終わらないことを私は願っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 23:53
通勤中に、車で聴く音楽。
「通勤してるとき、いつも車の中で聴いてる音楽が、パールマンの弾くメンコンか、アシュケナージが弾く『皇帝』のどっちか」と言う、我が彼女。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/08 23:56
『銀河巡礼』 のこと。
マイベスト・ピアノ協奏曲のひとつである、『メモ・フローラ』の作曲者・吉松隆さんには、『プレイアデス舞曲集』という小品集があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/26 23:33
中国製か、オマエは!
10日間のヨーロッパ旅行から帰ってきた両親が、私へのみやげとして、ルーヴルとオルセー、パリの2大美術館のカタログを買ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 23:56
悲しい三題噺。
『ブルレスケ ニ短調』、ファミコン版の「ウィザードリィ」、そして、「♪きゅーんきゅーん、キューンキューン、わた〜しの彼は、パイロット〜」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/04 22:51
半世紀前のウィーンへ
きょう再放送された「兼高かおる 世界の旅」は、音楽の都・ウィーンの巻。1961年1月31日の放送分ってことで、収録は前年の秋のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 22:15
ピアノ協奏曲・マイベスト(7)
クラシック音楽のファンには、最初に聴いた演奏の印象が強すぎて、他の演奏を聴くと、どこか気に入らない……そんな曲があるものですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/25 22:49
カイロのフィンランド人
紀行番組の草分け、『兼高かおる世界の旅』の、あの上品なナレーションが懐かしい……なんていうと、微妙に歳がバレてしまいそうですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 04:52
ピアノ協奏曲・マイベスト(6)
いわゆる三大ヴァイオリン協奏曲の中で、最も親しまれているメンデルスゾーンのホ短調は、しばしば“メンコン”という愛称で呼ばれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/19 21:51
ピアノ協奏曲・マイベスト(5)
生前は活躍していながら、年月を経てすっかり忘れ去られたり、わずか数曲の小品しか知られていない作曲家が、歴史上何人もいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/18 20:16
ピアノ協奏曲・マイベスト(4)
CDがめったに出ないため、店頭で見かけたら必ず買ってしまうアーティストや作曲家というのが、音楽ファンなら一人や二人はいますよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/17 15:48
ピアノ協奏曲・マイベスト(3)
よく考えてみると、大好きであっても、しょっちゅう聴いてる曲もあれば、年に一度程度聴けばもう満腹、というような曲もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/10 13:27
ピアノ協奏曲・マイベスト(2)
ピアノを弾けない作曲家、というのはめったにいません。ベルリオーズはその珍しいひとりで、和音の確認ぐらいにしか使いませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/09 22:51
ピアノ協奏曲・マイベスト(1)
ピアノって、一台でオーケストラと互角に渡りあえる唯一の楽器……なんて書くと異論のある方もいるでしょうが、まあ、それはおいといて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/08 22:19

トップへ | みんなの「クラシック音楽」ブログ

貼雑帖(はりまぜちょう) クラシック音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる